税金滞納に伴う解決事例集

市役所の差押え

「こんなに会社の業績が悪化して給料がこんなに落ちるとは思わなかった。リーマンショック以降、人生が変わってしまった」とお話になったWさん。

住宅購入当初「ローンで苦しむ」などということは微塵も考えなかったそうですが、会社の業績悪化と共に給料ダウン。「月々の返済も苦しかったけど、ボーナス払いなど全くできなくなった。ボーナスが出ないから」

住宅ローンの支払いが苦しい中でも、「女房が教育熱心で息子の塾代等を削ることができなくて、、、」

お子様の教育費用等がかかる等、出費が重なり「ついつい税金の支払いは後回し」に

なってしまった結果、滞納額が膨らみついに「差押え」になってしまいました。

「本当にこんなことされるとは思わなかった」と驚き、ご相談を受けました。

解決方法

とにかく「息子さんの学業に支障を来たすことだけは避けたい」

という強い奥様の希望がありました。税金の滞納額が多いこと、

まだ住宅ローンの残債が多いこと、月々の可処分所得等を考えてみても

「売却して、支出を減らしお子さんの学費にあてる以外はない」旨を説明。

Wさん夫婦も当初からその予定だっため「任意売却」を進めることになりました。

当面今後、任意売却を行った場合の予想売却額・役所が差押えを外すか・否か?は役所次第で解らないこと、売却後に残債が多かった場合の対応等を説明して着手しました。

販売結果

所在:神奈川県大和市

年齢:47歳

家族:妻・子供

物件:戸建

残債:2880万円

売却:2050万円

担当者より

税金の滞納がある場合、役所等にロックオンされると逃げることが出来ません。

肝心なことはロックされないように「こまめに役所に話合いに行き、千円でもいいので納める誠意を見せることです」

今回の場合、役所が任意売却に協力してくれましたが、市町村次第では非協力な市町村の役所もあります。

また高額滞納だから「差押え」が早いとか、低額の滞納だから「差押え」がないという

こともありません。むしろ低額滞納の方が動きが早い場合もあります。

一般的に住宅ローンの支払いがある中で100万以上の税金滞納がある場合、

自力での返済は難しい筈です。延滞金も高額になります。

自己破産しても免れない税金、早め早めの対応が必要です。

 

その後Wさん、弁護士を紹介して話し合った結果、自己破産を選択されました。

税金は毎月、少額を返済中。本人は

「自己破産は避けたかったが、生活は楽になりました。もう一度出直してみます」

とおっしゃっていました。

 

 

事例のご紹介

ここでは弊社のお客さまの事例をご紹介します。

消費税が払えずに差押え

神奈川県の自宅1階で飲食業を営んでいたSさん。

元々は父親と母親が切り盛りしていたお店を相続しました。両親が営んでいた時、お店は繁盛していたみたいですが、世代が変わると味も客層も変わり「年々減収」していったそうです。

事例のご紹介

ここでは弊社のお客さまの事例をご紹介します。

病気で働けないけど、生活保護を受けられない

東京都日野市のUさん。62歳男性、長年自営業を営んできましたが、5年前より体調がすぐれなくなり休業中。

元々、腎臓に持病があり透析を行う生活でありましたが、2年前、が奥様に脳梗塞が襲い体が不自由になりました。Uさんが献身的に生活補助をしていましたが

元々、自身の体調もすぐれずにいたので「限界」を感じていたそうです。

事例のご紹介

ここでは弊社のお客さまの事例をご紹介します。

Iさん67歳女性。現在は独身。平成12年に東京都八王子市に戸建住宅を購入。

当時ご主人が「年老いた母親の面倒を見たい」という強い希望により、返済的には無理がある住宅ローンを組むことになりました。

「私は当初から住宅購入には反対でした」と当時を振り返るIさん。

一番の不安はご主人の収入が低いこと。またIさんも「正社員」ではなかったため「当時から不安」な出発だったそうです

事例のご紹介

ここでは弊社のお客さまの事例をご紹介します。

問題がスムーズに解決

横浜市在住のAさん、女性46歳。派遣社員として仕事をしています。ご主人と2人暮らしでお子さんはいません。

このAさん、13年前に横浜にマンションを購入しました。購入当時はご主人の年収も500万円くらいあったそうですが、転職をして現在は300万円くらい。奥様の年収は400万円くらい。毎月10万の住宅ローンの返済を行っていました。

このAさん、6年前くらいから奥様の実家、ご両親に問題が起こり、毎月生活費用+事業資金返済を行ってきましたが、徐々にご自分の生活にもその影響が出たそうです。

ご相談はこちら

相談無料
秘密厳守を固くお約束いたします

0120-079-009
042-794-7555

メールでのご相談は、24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お客様専用相談ルーム


住宅ローン専用相談ルーム。
誰にも邪魔されることなく、
ご相談者様と相談員1名による
ご相談になります。

町田市森野1-37-10
Wald137ビル4階
小田急線町田駅東口出口
徒歩1分
横浜線町田駅北口
徒歩6分
 

0120-079-009

ご連絡先はこちら

南東京任意売却相談室

0120-079-009
042-794-7555
住所・アクセス

〒194-0022
東京都町田市森野1-37-10

提携会社

(株)穂波エステート

埼玉支部 代表相談員  西澤大輔

0120-073-250

(株)ライフ・リノベーション

東海地区 代表相談員 室橋雄介

0120-281-660