病気で働けないけど、生活保護を受給できない

相談内容

東京都日野市のUさん。62歳男性、長年自営業を営んできましたが、5年前より体調がすぐれなくなり休業中。

元々、腎臓に持病があり透析を行う生活でありましたが、2年前、が奥様に脳梗塞が襲い体が不自由になりました。Uさんが献身的に生活補助をしていましたが

元々、自身の体調もすぐれずにいたので「限界」を感じていたそうです。

何度か区役所に生活保護の相談に行ったものの「不動産

を持っているので無理です」の一点張り。住宅ローンの返済もいよいよ滞納寸前というほど

預貯金を切り崩していたことや、今後の医療費用の心配も重なって「もう売却して、楽になりたいのが本音です」というご相談内容。

解決方法

余力は全く無い状況でした。年齢、健康状態、今後の生活や生活力を考えると

早急に売却して、生活保護と自己破産の選択肢が最も望ましく、売却額次第では

その権利を行使しましょうと早い段階より説得・納得して頂きました。税金面の滞納も20万円。

販売結果

所在:日野市

職業:無職

年齢:62歳

家族:本人・妻

物件:戸建て

残債:1450万円

売却:1270万円

売却後の生活

病状的には夫婦共に変わりはなく、ご主人が奥様の生活サポートを

続けていますが、自己破産・生活保護の権利を行使したことで

「精神的には非常に安定している」と言ってました。

また引越しをされた場所が以前より「日当たり」もよく、

部屋の広さもご夫婦には丁度よいので「掃除が楽になった良かった」

と満足されている生活を送っているみたいです。

担当者より

住宅ローンの問題が生じる場合、その問題には必ず根本的な問題が

存在するものです。住宅ローン以外の事柄も遠慮なくご相談ください。

お役にたてることであれば、すぐに対応致します。

お問合せはこちら

南東京任意売却相談室のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

お気軽にお問合せください

よくあるご質問
  • 相談したい時はどうしたらいいんですか?
  • 結局費用はいくらかかるの?
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

どのようなお悩みのご相談でも結構です。
あなたさまからのご相談をお待ちしております。

お電話でのお問合せはこちら

0120-079-009

受付時間:10:00~23:00(無休)

ご相談はこちら

相談無料
秘密厳守を固くお約束いたします

0120-079-009
042-794-7555

メールでのご相談は、24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お客様専用相談ルーム


住宅ローン専用相談ルーム。
誰にも邪魔されることなく、
ご相談者様と相談員1名による
ご相談になります。

町田市森野1-37-10
Wald137ビル4階
小田急線町田駅東口出口
徒歩1分
横浜線町田駅北口
徒歩6分
 

0120-079-009

ご連絡先はこちら

南東京任意売却相談室

0120-079-009
042-794-7555
住所・アクセス

〒194-0022
東京都町田市森野1-37-10

提携会社

(株)穂波エステート

埼玉支部 代表相談員  西澤大輔

0120-073-250

(株)ライフ・リノベーション

東海地区 代表相談員 室橋雄介

0120-281-660