介護離職から住宅ローンが払えない

母親の介護問題から妻との口論が絶えず、5年前に離婚をしたMさん。奥さんと離婚をしてからは自分で母親の認知症の介護をしてきましたが、終わりの見えない介護生活に疲れ果てたあげくMさんも「うつ病」になりました。

母親の介護で数年間は会社に迷惑をかけたことと、本人が希望をなくしてしまったことが重なり「会社を退職」

してしまいました。

退職時から解ってはいましたが「預貯金を削ってもいつまでもは続かない」そう思いながらも毎日繰り返す介護生活の中で

意図的なのか無意識なのかは本人も覚えてないそうですが、支払いという支払いを全て停止。そんな中、1通の通知書が届きました。「期限の利益喪失予告書」

普段は全く金融機関の通知書は見なかったNさん。たまたまこの通知書だけは開封して

内容をある程度自分で調べてからのご相談。

 

解決方法

介護で疲れていることもあり、住宅ローンの問題よりは「生活保護」

を受けたいことや、会社への恨み、社会への恨み といったような

話が中心であり、最後まで(売却まで)精神的にもつのか?が心配でした。

金融機関もNさんの今までの態度に任意売却には応じるかは微妙では

ありました(意思能力も含)

任意売却は本人の気持ちが大事です。気持ちが固まっていないと

競売は免れないので、コミにケーションを繰り返し行い

意思を固めることから出発しました。

販売結果

所在:神奈川県座間市

職業:無職

年齢:55歳

家族:本人

物件:戸建

残債:1800万円

売却:1500万円

 

 

担当者より

介護離職は介護を受ける親の年齢を考えると、介護する方の年齢もある程度は重ねています。

出口や光が見えずらい生活の中での再就職は年齢的にも気持ち的にも再就職を難しくさせているのかもしれません。

また、男性のNさんが母親とのマンツーマンの長い介護生活の中で、徐々に外部との接触を遠ざけ孤立が深まるような気がします。

その後のNさんは「介護生活」には変わりはありません。しかし、徐々にではありますが「アルバイト」を週に3回入れたりと、外部との接触・社会復帰に向けて歩きだしています。

 

 

お問合せはこちら

南東京任意売却相談室のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

お気軽にお問合せください

よくあるご質問
  • 相談したい時はどうしたらいいんですか?
  • 結局費用はいくらかかるの?
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

どのようなお悩みのご相談でも結構です。
あなたさまからのご相談をお待ちしております。

お電話でのお問合せはこちら

0120-079-009

受付時間:10:00~23:00(無休)

ご相談はこちら

相談無料
秘密厳守を固くお約束いたします

0120-079-009
042-794-7555

メールでのご相談は、24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お客様専用相談ルーム


住宅ローン専用相談ルーム。
誰にも邪魔されることなく、
ご相談者様と相談員1名による
ご相談になります。

町田市森野1-37-10
Wald137ビル4階
小田急線町田駅東口出口
徒歩1分
横浜線町田駅北口
徒歩6分
 

0120-079-009

ご連絡先はこちら

南東京任意売却相談室

0120-079-009
042-794-7555
住所・アクセス

〒194-0022
東京都町田市森野1-37-10

提携会社

(株)穂波エステート

埼玉支部 代表相談員  西澤大輔

0120-073-250

(株)ライフ・リノベーション

東海地区 代表相談員 室橋雄介

0120-281-660